令和初の私立恵比寿中学(エビ中)のMUSiCツアーの梅が最高だった

© STARDUST PROMOTION,INC. All Rights Reserved.

こんにちは!くると(@logy0707)です!
ゴールデンウィークは仕事でくっそ忙しかったです。。。

そんなゴールデンウィーク真っ只中に

私立恵比寿中学ライブハウスツアー2019

〜Listen to the MUSiC〜大阪公演

に参加しました!
これがめちゃくちゃ良かったので書いていこうと思います!

アノ曲についてはネタバレもクソもないと思うので、ネタバレなしです!!!
ほかの曲のことは書いてません!!

私立恵比寿中学の梅と令和の関係

2019年5月1日に元号が「令和」に変わりましたね
「令和」とは現存する日本最古の和歌集である万葉集を典拠としています

春の訪れを告げ、
見事に咲き誇る梅の花のように
一人ひとりが明日への希望とともに、
それぞれの花を大きく咲かせることができる、
そうした日本でありたいとの願いを込め、決定した。

日経新聞(2019年4月2日号)より引用

令和の意味についてはこのように説明されていました

この内容が私立恵比寿中学(エビ中)の「梅」
という曲にリンクするところがあって、一部で話題となっています!!

私立恵比寿中学 『梅』 Sony Music Entertainment (Japan) Inc.

咲き誇れ 梅の花
桜のようには なれぬけど
雪の重みに耐えて 生き抜いた
その誇りで 春を照らせ

引用:https://sp.uta-net.com/

6年前の楽曲がこういう風に話題となるとは、何があるかわかりませんね

そしてエビ中は自称令和アイドルとして活動し始め、
5月1日には公式Twitterで梅の令和バージョンも公開されました!!

くると
これだけでもうエモいな。。。

そんな感じで令和になって初のライブ!
期待しかない!!!

エビ中MUSiC 梅 ライブレポート

名古屋に続いて二回目の参加になりました

ゴールデンウィーク真っ只中、僕の仕事はめちゃめちゃ忙しいんです
今日を休んだら一週間休みはないし、愛知から大阪に電車で遠征に来ている状況でした

だから今回はゆっくり周りを見ながら観戦しようと思っていました

はい、無理
分かってたけど無理でした

令和になって初のエビ中のライブは圧巻でした
パフォーマンス名古屋の時よりもさらに成長している気がしました
本編終了後、僕は既に満足感でいっぱいでした

僕が最前から2列目で見たからかもしれない

近すぎて初めはメンバーの顔を見るのが恥ずかしくて足ばっかり見ていたからかもしれない

中盤からやっと顔を見れるようになって、何度も目が合った気になっていたからかもしれない

しかし、1番はメンバーの6人全員がとても気合が入っていたためだと思います

観客全員もそれを感じとっていたに違いない
会場に鳴り響くアンコールのコール
いつもよりもより一層期待を込めた声が響いていました
それもそのはず、散々焦らしてきたアノ曲が披露されるかもしれないから

再登場まではいつもより時間がかかっていたような気がします
もしかしたらなにかトラブルか?
よからぬことを考え始めた時

例の元号発表の音声が会場に響き
メンバーが当時の梅の衣装を着て登場

うおおおおおおおお!!!!

何故か自分の声が聞こえた
知らぬ間に叫んでいました
気づけば周りからも今日1番の歓声が鳴り響いてた

そしてついに披露された梅

生で聴くのは今日が初めて
あまりの歓声のせいか入りを間違えるポーちゃん。かわいい。
その後のひなたパートでは歌声が聞こえない程のひなたコール

その後の通称梅クラップ
熱くなった会場は完璧に綺麗に揃ったクラップをお見舞い
思わず痺れて鳥肌が立ちました
これだけ綺麗に決められたら否定派も何も言えないと思うほどでした

盛り上がりは最高潮でサビに突入!

メンバーのInstagramを引用しますが、エビ中は晴ればかりを経験してきたグループじゃない

しかし、梅のサビの歌詞のように耐えて生き抜いてここまで活動してきました

ステージ上には、エビ中にしかない生き方を体現した見事な梅が咲き誇っていました

思わず目から汗が吹きでちゃいました
身体が勝手に動いて彼女達のパフォーマンスを盛り上げよう、見逃すまいと必死な僕

それほどにまで熱かったんです

あっという間のライブ
絶賛ゴールデンウィーク社畜中の僕の心は完全に仕事を忘れ、音の海に溺れていきました

まとめ!

一言で言うと最高のライブでした

本当に現地で参加したかったライブというのがそれぞれあると思います
会場全体の雰囲気もそうだし、セットリストなどもその理由のひとつじゃないかな
そんなプレミアムなライブにはなかなか立ち会えずいつか参加してやると思っていました

くると
だいたい千秋楽などは土日でなかなか行けないから。。。
マジで仕事辞めよう。。。

しかし、今回は自分の中では観ることができて本当によかったと心の底から感じました!!!
歴史に残るライブに立ち会えている感覚
忘れられない日がまた1日増えた気がします

だって大の大人が完全に泣いちゃってるからね。。。

自称令和アイドルということで頑張っているエビ中
自分の中では完全に令和を代表する存在になっています
これからも、もっともっと成長するだろうエビ中から目が離せないです

令和はいい時代になる気しかしない
今日も仕事をやるしかないし、元気しかない

相方が書いたこちらもチェック!
ももクロの握手会はなぜない?「ももクロの非常識ビジネス学」を読んでみた感想!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です