三崎優太の本を読んでみた感想!仮想通貨で50億円稼いだ男!

三崎優太
© 2019 Twitter

【 追記 】

先日釈放された三崎優太元社長は、現在焼き鳥屋で働いているそうですね。

なんでも借金が4億円だとか…

自分の会社の持ち株で何とかならないのか、はたまた炎上商法なのか…

どちらにせよ、この本の通りの人物であれば必ず復活してくると思います!

↑クリックで本人のTwitterへ

                                         

昨年と一昨年、「ICO投資」いわゆる「仮想通貨取引」が話題になりました。

これにより、資産を急増させた人も多いのではないでしょうか。

 

そんな中で有名になったのは三崎優太

「青汁王子」と呼ばれ仮想通貨に投資し、

含み益ですが50億円という利益を達成しています!

 

現在は脱税で逮捕されてしまいましたが、

 

それでも会社を年商100億にした手腕は気になりますよね。

 

そんな三崎優太の考えを綴った2作目の本を読んでみました。

著者:三崎優太
出版社:株式会社ぱる出版
価格:1,500円(税別)
ISBN:978-4-8272-1128-3
発売日:2018/06/13
(C) 2013 株式会社ぱる出版 All Rights Reserved.

 

第一章:「稼ぐ思考」

 

第一章では三崎優太のお金に対する考えが書かれています。

お金とは、私が愛しているものです。

 

これは三崎優太「あなたにとってお金とはどういうものですか」と聞かれたときに即答した言葉だそうです。

日本人はお金の話となると気嫌いする人も多いのではないでしょうか。

 

しかし、お金持ちになる人はみんな一様に「お金を愛している」のだそうです。

お金のことを愛し、お金を稼ごうとする原動力となっているのでしょう。

 

また、第一章によく出てくる言葉は、「欲望」「自分のため」という言葉です。

 

つまり、「自分の欲望のままに生きるために金を稼ごう」という考えが原動力になってもよいと言っています。

 

一昔前のお金持ち本には「人のために働くことでお金持ちになる」とさえ書かれていました。

 

しかし、現代はどうでしょう。

「ZOZOTOWN」の前澤社長でさえ絵画を買ったり、月旅行を計画したりしています。

 

果たしてこの行動が「自分のためではない」といえるでしょうか(笑)

 

僕は「お金に貪欲になること=お金を稼ぐこと」という図式が成り立つとこの章を見て感じました。

 

ですが一文、

「勝つためには手段は辞さない」という考えになりました。

 

とあったのが今回の逮捕につながってしまったのではないかと思います。

非常に残念です。

 

 

僕は前澤友作三崎優太のようなお金持ちとして人々の理想になるような存在は必要だと思っていますので(笑)

 

 

第二章:「稼ぐ経歴」

 

この章では三崎優太が高校を中退する頃の話から自分の会社を作り、

どのような会社にしていきたいかが書かれています。

 

高校を中退になった彼は自分のことを

なんて社会不適合な人間なんだ

と思っていたそうです。

 

それから彼はパソコン一台で生活していくためにアフィリエイトを始めます。

 

それを元手に東京へ進出し、会社を起業しますが

この時の三崎優太は18歳です。

 

社員は10歳以上離れた大人たちばかりで最初の挫折を味わいます。

 

その後引きこもった期間が25歳まであり、

その後ECサイト事業へ進出し、青汁を世間に打ち出し、成功をおさめます。

 

決して順風満帆な経歴ではありません。

 

 

彼自身、成功の秘密は努力する分野を見極めたことだと書いています。

努力を注ぐべき分野を見極めて集中してそこに取り組むことが結果を出す秘密なのでしょう。

 

第三章~第五章「仮想通貨投資について」

 

第三章~第五章にかけて、「仮想通貨投資」のことが書かれています。

 

 

この本が出される少し前、「コインチェックの仮想通貨NEM流出事件」が起こりました。

つい先日にアメリカが「犯人は北朝鮮のサイバー攻撃だ」と断定しました

 

 

こういった事件があって仮想通貨は敬遠されていることだと思います。

本の中には具体的な方法論が書かれていますので気になる方はぜひ購入して読んでみてください(笑)

 

感想

 

個人的には三崎優太の考えや振る舞いには賛成ですが、仮想通貨は敬遠しています。

その理由は「もうすでに遅いから」です。

 

三崎優太前澤友作みたいな人々の憧れるお金持ちという存在は必要です。

 

しかし、「仮想通貨」に関しては今から参加することは「カモ」に等しい現状と言えます。

 

そうでなければビットコインが200万から40万に暴落したりしません。

美味しいのは100~200万近辺で売り抜けた人と、10~1000円くらいで買い集めた人くらいでしょう。

 

安値で買っている人がいる限り、これ以上の暴落はほぼないと思いますが、

現在のビットコインレートなどを見るとかなり「ハイリスク」です。

 

「ハイリスク=ハイリターン」だからいかないと始まらないと思う方はいけばいいと思います。

 

ただ僕は「今」投資すべきものとしては興味が向きません。

しかし、そのことを抜きにして三崎優太の考え方や努力には見習うべきものを感じました。

 

こんなひとにおすすめ!

なんとかして成功したい人

若くして成功しているモデルを見たい人

仮想通貨に興味がある人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です